Dog Academiaとは?
TOP > Dog Academiaとは?
JKC(ビューティー)とグランド・トレーニング・チャンピオンを育成したドッグトレーナーが教える、犬のしつけ教室「Dog Academia」
Dog Academiaとは、紀元前387年古代ギリシャにプラトンが創設した古代世界最大の名声を誇った学校の一つです。そのことから、ヨーロッパでは高度な研究を行う学究機関をこれにちなみアカデミー、アカデミカなどと名付けるようになりました。この教室はJKC訓練競技会、ドッグショー、K9ゲームなどで、数々のタイトルを受賞してきたJKC公認訓練士、A級ハンドラーなど多数の資格をもつ犬のエキスパート田中浩美が、そのノウハウを惜しみなく一般愛犬家に伝授する学究機関なのです。

Profile

DogAcademia代表 田中浩美
・社団法人ジャパンケネルクラブ (JKC) 公認訓練士
・公認A級ハンドラー
・1級愛玩動物飼養管理士
・ペット栄養管理士

某大手ゲームメーカーにてグラフィック・デザイナーとして参加。退職後、貿易輸入会社設立準備を始めるが、自宅からmixの老犬を引き取って暮らしたことから、海外出張の多い仕事をすることを断念し計画変更。その後はプロを目指して犬の研究に没頭する。

1998年、老犬介護の末、mix犬を亡くす。心身共にボロボロのペットロスに陥るがそのmix犬に一番よく似ていたという理由でコーギー犬を飼い、その後はコーギーのショーイング・ブリーディング、訓練競技会に積極的に携わる。作出したチャンピオン犬多数。取ったタイトル多数。自らの犬も、コーギーでは日本で始めてJKC(ビューティー)とグランド・トレーニング・チャンピオンの二冠チャンピオンにし、その他の犬達も続々二冠コーギーに育成していく。

2009年のアジアインターナショナルドッグショーにおいてコーギー牝のベストオブブリード(年に1頭しか与えられない賞)も受賞。ショーや競技会、K9ゲーム等で成功を収めていくと同時に、普通に生活をしていくには難しいトラブルを抱えたいわゆる「問題犬」達の改善を依頼され、全頭を改善に導く。

トレーニングを続ける喜び

更なる高みを目指して
上級コースを修了する頃には、あなたの犬はすでに誰からも尊敬され一目おかれるワンに成長していると思います。
Dog Academiaでは中級までは日常生活に直結したトレーニング・プランを立てていますが、上級者以降は、それをさらに昇華出来るよう、JKC訓練試験や競技会、ショーやK9ゲームに参加しても通用する実力をつけていきます。
生きがいのあるイキイキした犬生を送る
ふつうにお散歩出来るようになったから…と、トレーニングは止めてしまいますか?
でもあなたのワンちゃん、お勉強を止めてとてもつまらなそうな顔をしてませんか?
何の目的もない日常を送るより、人生にゲームやスポーツのような生きがいがあるほうが犬だって幸せなんじゃないでしょうか?
やりがいのあるお仕事を与えられたワンは目がイキイキと輝いています。心身共に元気で全然老け込みません。訓練競技会に参加している10歳近いシニア犬の飼い主さんは、「トレーニングをやればやるほど若返るんです。」と、嬉しいことを仰ってくれました。
共通の目標があるからこそ結ばれる強い絆
どんな小さなワン達にも、その昔、人間と一緒に狩猟のお手伝いをしたり、人間の手足になって、羊をまとめたりしてきた遺伝子を隠し持っています。
そう!犬達はあなたの命令を聞き、一緒に仕事をし、そして、たくさん誉められたいのです。郵便屋さんのバイクに吠えたり、縫いぐるみを壊したりすることでしか、エネルギーのやり場が無かったワン達が、ある日突然仕事を与えられたことによって、キラキラと輝きだすのです。
飼い主さんと一緒に共通の目標を持って生活していくので、ただ生活していく以上にお互いを理解し、強い絆によって結ばれます。もし自分が犬だったら、こんな張りのある生活を与えてくれた飼い主さんがますます大好きになってしまうと思いませんか?